banner

無添加化粧品と自然派化粧品の違い

お肌のトラブルに悩む女性が増えるにつれて注目されるようになってきたのが無添加化粧品と自然派化粧品です。合成成分の化粧品にいろいろなトラブルが出てくる可能性があるのなら、昔から使われてきた自然のものを使用したいと思うのは当然の成り行きです。しかし、化粧品のラベルで成分を確認してみるとわかることですが、肌にとって危険な合成成分が全く入っていないわけではありません。無添加とか自然派と言いながら天然の植物エキスはほんの少ししか入っていないものがほとんどというのが現状です。
では、「無添加化粧品と自然派化粧品の違い」とは何でしょうか。
無添加化粧品というと言葉の響きから合成成分が一切入っていないと思う人が多いようですが、実際にはそうではありません。無添加化粧品は厚生労働省の指定するアレルギーを引き起こす可能性のある物質が含まれていないものを指します。この表示指定成分は102種類あるのですが、実際にアレルギーを引き起こす可能性のある成分はこれ以外にも世の中には存在します。ですから、無添加イコール安心というわけにはいかないのです。
これに対して、自然派化粧品は植物から抽出した成分を多く使った化粧品ということになりますが、実際には化学物質を多く含んだものも存在します。商品のラベルを見てしっかりと確認するようにしなくてはいけまえん。

注目記事

banner
無添加化粧品のメリット

記事を見る

banner
無添加化粧品の選び方

記事を見る

banner
無添加化粧品に移行する際の注意点

記事を見る

Copyright(c) 無添加化粧品で健康ライフ. All Rights Reserved.